風俗未経験のためのデリヘル講座

風俗店で働きたい女性がソープを選んではいけない理由

UPDATE:12月14日カテゴリー:デリヘル求人や選考、研修

風俗の種類はいろいろとありますが、その中でも特に有名なのはソープランド(ソープ)でしょう。

風俗店で働くと思ったら、まずはソープを思い浮かべる方も多いはず。しかし実は女性が働くには危険が多いということを知っておかなければなりません。

どうしてソープで働くのは危険なのか、そもそもどのようなお店なのかから順を追ってご説明していきます。

そもそもソープとは?

ソープとはお風呂場でのプレイをメインに据えた風俗店のことであり、トルコ風呂とも呼ばれています。

具体的には、石けんやローションなどを使って次のようなプレイを行います。

  • 女性が男性の体を洗う
  • 胸や女性器を男性の体にこすりつける
  • 裸のまま全身を密着させる

など。なおソープは昭和~平成初期の時代には数多く出店されていましたが、風営法の改正によって新規出店ができなくなり、現在はそれ以前から経営を続けている老舗しか残っていません。日本で最古の公的風俗(遊郭)が建てられた東京の吉原などがソープ街として有名です。

ソープの何が問題なのか?

このページの最初に「ソープは危険」と述べました。さまざまな種類がある風俗店の中で、どうしてソープを挙げているのか? その理由は、ソープでは本番(挿入・基盤など)が行われているという点にあります。

日本の風営法において、本番行為は禁止されています。そのためデリヘルなどの他の風俗店では、素股やアナルセックス(お尻の穴を使ったプレイ)の代替サービスで男性を満足させていることが普通です。
(本デリ・裏デリなどと呼ばれる違法店は別ですが……)

そのような中、ソープは当たり前のように本番行為を行っている、法律的に非常に危ういお店だということですね。

どうしてソープ店は逮捕されないの?

ソープは法律的に危ういお店にも関わらず、今もなお一定数のお店が営業されています。

どうして警察に逮捕されないのでしょうか? それはソープが「風呂貸し屋」という体裁で営業されているためです。

つまりソープはラブホテルと同じで、男女のカップルに場所を提供しているだけ。その中で男女が本番行為を行っていてもお店側は何も関係がないという論調です。パチンコ店の換金所がお店の外にあるのと似たようなものですね。

それでもソープ店が摘発される事例も出てきている

中学生の言い訳のような主張が通っているソープですが、やはり本質的に見ればお金をもらって本番サービスを提供していることには変わりなく、逮捕される事例が出ています。

特にお金の受け渡しで”ボロ”が出ている事例が多いようです。

ソープ店が男性から受け取って良い代金は「場所代」だけであり、「女性のサービス料金」は受け取ってはいけないという大原則があります。このサービス料を受け取ってしまったら、上でご説明したような「ウチは場所を貸してるだけ」「嬢とは何の関係もない」と言った主張が通らなくなってしまうためです。

そのためサービス料金は女性自身が受け取って、後でこっそりお店に渡すという回りくどい手続きが必要です。しかしこの手続きを省略して、お店が直接サービル料金を受け取ってしまい、結果警察が動くということになっているわけですね。

どうして風俗求人の中でソープを選んではいけないのか?

ここまでソープの問題についてご紹介してきました。その上で、女性が風俗店の求人を探すときにソープを選んではいけない理由をご説明していきます。

本番行為による妊娠や性病のリスク

上でもご説明したとおり、ソープ嬢になると男性と本番行為をする必要が出てきます。妊娠や性病の危険性が高いということは言うまでもありませんね。

法律関連のごたごたに巻き込まれる

これも上でご説明したことですが、ソープは法律のグレーゾーンで成り立っている商売です。

逮捕されるのは基本的に運営者であり女性自身が罰せられることは少ないですが、それでも事情聴取などに応じなければならないことがあります。無駄な時間を取られてしまいますし、そもそも摘発でお店が閉店してしまったら再度求人を探さなければならずこれもまた手間です。

法改正による業界の不安定さ

今でこそソープはグレーゾーンのギリギリのところで運営を続けていますが、いつ法律が変わるか分かったものではありません。風営法の改正自体がなくても、既存の法律の解釈が変わるだけで営業を続けられなくなることもあります。

国や自治体のさじ加減一つで、今まで当たり前のように運営していたお店が一斉に閉店に追い込まれてしまう、非常に不安定な業界であることを知っておく必要があります。

規範意識が低い人が運営している可能性

そもそもソープを運営している人々というのは、「金儲けができればそれで良い」「バレなきゃ犯罪じゃないんだよ」と考えている人々がほとんどです。

このような規範意識・モラルの低さは、そこで働く女性にも牙をむくもの。頑張って働いたのに報酬を支払ってくれない、何かと横柄な態度を取るなど不当な扱いを受けることも珍しくありません。

求人の数が圧倒的に少ない

風営法の改正によって、ソープは現在新規出店ができません。

現在の店舗数は全国で1,200店ほど。一方でデリヘルは17,000店あることを考えると、かなり少ないと言えます。そうなると求人の数も当然少なくなり、そもそも働く場所が見つからないということも十分考えられます。

まとめ:風俗で働くなら合法かつ求人が豊富なデリヘルがおすすめ!

ソープランドは風俗店の中でも特に有名な部類ですが、本番行為を行っているお店が多いことから法律的に非常に危うく、また求人もごく少数です。

改めて強調しますが、風俗店そのものは日本において合法な事業です。それなのにわざわざグレーゾーンのところで働くのは、良い選択とは言えないでしょう。

風俗店で働きたいと考えている女性は、まずデリヘルを検討してみてください。

  • 本番行為はなし、風営法的にもホワイトなお店です!
  • 事業として運営しているため、スタッフは一般的なサラリーマンと同じ人々
  • 店舗数はソープの10倍以上だから求人が豊富!

文|ウィニング編集部

最新の記事

下着販売サイト アンジェリーク

LINEでもご応募受付中!

受付

店舗情報バナー

美女物語

美女カフェ

美女物語PLUS

艶ドレス

BIJO-L(ビジョーエル)

ぷよラブ

ぷよラブ れぼりゅーしょん

ぷよラブ FAN☆たすてぃっく

ぷよラブ む~ぶめんと

素人女子のシミパン・中古・使用済み下着販売のAngelique

舌

デリヘルの「玉舐め」オプションとは? 睾丸の効果的な愛撫方法について

手錠

SMプレイって何? 普通のデリヘル店で提供されない理由とは

白

デリヘル店のオプション「ごっくん」とは?コツや注意点、精液に関する基礎知識も

STOP

デリヘルの禁止行為「店外デート」とは? やってはいけない理由や上手な断り方など

病気

デリヘル嬢が知っておきたい性病について。種類や原因、店舗の対策など

デリヘルお仕事の悩み解決します!誰もが知りたいQ&A

風俗比較!一番稼げるのは?デリヘル・箱ヘル・ホテルヘルスのメリットとデメリット

初めてのデリヘル体験Q&A 経験者でも不安な「心・体、そして病気の悩み」

お風呂

風俗店で働きたい女性がソープを選んではいけない理由

医薬品

風俗の男性客がたまに飲んでいるバイアグラって何?

ライフプラン

デリヘルで何年働こう? その参考に一生で必要なお金を計算してみよう

女性

女性用風俗ってどんなお店? プレイ内容やお店の種類、利用時の注意点など

冬のデリヘル事情まとめ。繁忙期の稼ぎやすさや寒さ・乾燥対策など

3Pプレイはデリヘルでキャストが効率よく稼げる理由!メリットとデメリットは?

デリヘルの引き抜き(ヘッドハンティング)は女性が100%損をする?

デリヘル嬢の食事事情。夕食の時間は?待機中に何食べる?自炊する?など

デリヘル嬢なら稀に出会うかも?男性器の真珠入りのお話

デリヘル嬢のオナニー裏事情。自慰をするようになった理由やメリット、デメリットなど

転々虫って何? 不採用・無指名を防ぐデリヘル退店の目安

デリへルでの仕事や働き方についての悩み

すべて見る>>