風俗未経験のためのデリヘル講座

デリヘル嬢がプライベートで男性客とばったり遭遇してしまった時の対処法

UPDATE:9月17日カテゴリー:デリヘル店で稼ぐためのテク

デリヘルのお仕事をしている女性が、プライベートの時間に男性客とばったり出会ってしまうことがあります。

1人でいる時なら良いですが、友人や家族、恋人などと一緒に歩いている時に声をかけられようものなら大変です。デリヘル嬢をやっていることを秘密にしていたのにあっという間にバレてしまったり、そうでなくても浮気や怪しい交際を疑われたりすることがあります。

このような道ばたのばったり遭遇をどのように対処すれば良いのか見ていきましょう。

プライベートでデリヘル店のスタッフから声をかけられることはありません

男性客とのばったり遭遇についてご説明する前に、まずはデリヘル店のスタッフとばったり遭遇しても声をかけられることは原則としてありません。

うかつに声をかけることが身バレにつながることを重々承知しており、スタッフのマニュアルにも「店外でキャストに出会っても声をかけてはならない」と書かれているためです。

(もしもスタッフから声をかけられることがあったら、店長など他のスタッフに相談してください)

ただし、男性客はやはりそのような機敏が分からずに話しかけてしまうことがあり、デリヘル嬢としては対処法を覚えておく必要があります。

プライベートでデリヘル嬢に声をかけてしまう男性の心理とは?

マナーとして挨拶をしたい

知り合いに会ったら挨拶するというのは人として当然のマナーですね。しかし、「見かけても声をかけてはならない」という夜のお仕事だからこその特殊な暗黙のルールもあります。

礼儀正しく、それでもデリヘル嬢の事情に疎い男性が当てはまります

プライベートでも仲良くなりたい

デリヘル嬢と顧客という関係を超えようとしてくる人は厄介です。

このようなタイプはただ声をかけてくるだけでなく、連絡先を聞こうとしてきたり、遊びに誘ってきたり、中には「あわよくばヤれるかも」なんて考えている人もいます。

デリヘル嬢がプライベートで男性客とばったり遭遇してしまった時の対処法

身バレの心配がないなら軽い挨拶で済ませる

もしも自分が1人で身バレを気にする必要がないなら、ごく普通に対応できるでしょう。

基本的には軽く会釈する程度で十分。会話するにしても、「お出かけですか?」ぐらいの軽いものにとどめておいて、くれぐれも必要以上に詮索しないことに気を付けましょう。

会話が長くなりそうになっても、「またお店でお待ちしています」などで締めれば、スマートにその場を切り抜けられます。

もちろん、連絡先の交換や遊びの誘いなどには乗らないように。「お店のルールで禁止されていますので」と断りましょう。距離感を間違えた男性が接客時に過度なサービスを要求してきたりなど、面倒な事態が起こり得ます。

もしもしつこく誘ってくるようなら、店舗スタッフに相談してください。「お店の外のことだから」と遠慮する必要はなく、スタッフからも男性に対して厳重注意する場合があります。

身バレの恐れがあるなら気付かないふり

友達や家族、恋人などと歩いている時に声をかけられてしまった場合、ベストな対応は気付かないフリしかありません。

このような冷たい対応を取ってしまった場合は、どうしてもリピートされにくくなってしまいますが、割り切るしかない部分です。

それでも男性がリピートしてくれたなら、接客の時に十分にフォローしましょう。「家族と出かけてたので話すわけにはいかなくて……」と言えばだいたいの相手は納得します。

ばったり遭遇を避けるためにも勤務地とプライベートは分けたい

良識のある男性客が相手なら以上の対応で問題ありませんが、他の人といるのを分かっていてしつこく声をかけてきたり、仕事のことをバラしてしまったりなどがないとは限りません。

お店側でも厳重注意しますが、既に起きてしまった以上女性の心の傷はなくなりません。

このようなことをそもそも起こさないためにも、勤務地とプライベートで過ごすエリアはある程度離したほうが良いでしょう。

身バレを防ぐためにも男性客とのばったり遭遇に気を付けよう

出稼ぎに出ている女性ならまだしも、「勤務地が近いから」という理由でお店を決めている方だと、プライベートの時間に男性客とのばったり遭遇を起こしてしまうことがあります。

身バレを起こさないように、正しい対応をあらかじめ知っておきたいですね。

文|ウィニング編集部

最新の記事

女性内勤スタッフ募集中♪

下着販売サイト アンジェリーク

チャットレディ募集

LINEでもご応募受付中!

受付

最新の記事