風俗未経験のためのデリヘル講座

デリヘル嬢として生活できる? 一人暮らしの生活費シミュレーション

UPDATE:9月17日カテゴリー:デリヘル店で働くための基礎知識

「私はデリヘル嬢としてやっていけるのかな?」

このような悩みを抱く原因として挙げられるのは、主に仕事内容とお金の問題です。以下では、後者のお金の問題についてピックアップしています。

特に一人暮らしをするつもりの方だと、諸々の生活費も全て負担しなければならず、毎月一定の額を稼がなければやっていけません。

具体的にどれぐらい稼がなければならないのか、生活費をシミュレートしてみましょう。

デリヘル嬢が一人暮らしする時の支出はどれぐらい?

まず、収入については次のコラムをご参考ください。
風俗デリヘル求人で高収入を稼げる理由。給料の具体例もご紹介

ウイニンググループのデリヘル店では、フルタイム勤務の場合多くの方が1日5万円ほどは稼いでおり、それに勤務日数をかけた値が1ヶ月の収入になります。

例:月15日勤務の場合→5万円×15日=75万円

そして、以下は一般的と言われている一人暮らしの支出です。

家賃 80,000円
食費 45,000円
水道光熱費 7,000円
通信費 10,000円
娯楽交際費 30,000円
貯蓄・保険 30,000円
その他 40,000円
合計 247,000円

参考:LIFULL HOME’S「一人暮らしの生活費はいくらぐらいあればいい? 必要な年収を探ってみよう

当然のことですが、支出はライフスタイルによって大きく変わります。特に、デリヘル嬢となると普通とは少し違う支出も出てくるはず。

そこで、上で挙げた項目についての補足を以下にまとめてあります。

家賃

家賃は住む地域や部屋によって大きく変わる部分です。毎月かかる固定費ですので、ここ次第で数万円を節約することも、反対に浪費してしまうことも考えられます。

以下に、ウィニンググループの店舗があるエリアの相場をまとめたためご参考ください。

場所 ワンルーム 1LDK
【本店】東京都福生市 4.33万円 7.15万円
東京都府中市 5.32万円 9.73万円
神奈川県相模原市 4.31万円 7.44万円
埼玉県所沢市 4.59万円 7.40万円

参考:LIFULL HOME’S

また、ウィニンググループには女性寮があります。1泊2,300円で、30日だと69,000‬円です。

各地域のワンルームアパートと比較すると高いように見えますが、これは水道光熱費込みの費用です。また、家具家電・生活必需品が全てそろっており、買いそろえる手間とコストがかかりません。

人によっては実質的に相当安くなるため、検討の余地は十分にあるでしょう。

水道光熱費

上でもご説明したとおり、デリヘル店の女性寮に入寮した場合は宿泊費に水道光熱費が含まれます。

貯蓄・保険

何か目的があってデリヘル嬢として稼いでいるなら、30,000円程度の貯蓄では全く足りないでしょう。

貯金を全く考えないか、それとも必要最低限の生活費以外は全て貯金するかは、その人の目標によってそれぞれです。

その他

衣服やコスメに関する支出はその他に含んでいます。上の表では40,000円とされていますが、見た目を十分に整えなければならないデリヘル嬢だと、場合によってはそれ以上かかることもあるでしょう。

デリヘル嬢は一人暮らしするには十分の収入。それでも気を付けたいこととは?

ここまでご紹介してきたデリヘル嬢の収入と支出を見てみると、一人暮らしをするだけなら余裕と言えます。

しかし、それでも油断はできないもの。デリヘル嬢は次のような理由からお金に悩みやすいと言われています。

  • 成果報酬制だから、雑なお仕事をしていると全然稼げない
  • シーズンによっても客足が変わるから、稼ぎにムラがある
  • 収入が良く日払いだから、金遣いが荒くなりやすい
  • 社会的信用が低く、クレジットカードやローンの審査に通りにくい

デリヘル嬢で安心して稼いでいくために大切なのは計画性です。浪費を防いで多めの貯蓄を心がければ、収入の不安定さや社会的信用の低さなどもカバーできます。

文|ウィニング編集部

最新の記事

女性内勤スタッフ募集中♪

下着販売サイト アンジェリーク

チャットレディ募集

LINEでもご応募受付中!

受付

最新の記事