風俗未経験のためのデリヘル講座

風俗嬢がホストにハマりやすいと言われる理由をまとめました!

UPDATE:9月17日カテゴリー:デリヘル店の裏側

風俗嬢はホストにはまりやすいという俗説があります。

今までホストクラブに行ったことがない方からすれば「私が行くわけないじゃないか」と思うかもしれませんが、そんな方でもうっかりはまってしまう要素が風俗に隠されています。

以下に、風俗嬢がホストにはまりやすい原因をまとめてあります。原因を知ることで自分を客観視できるようになり、結果的にはまってしまう確率を下げることができますよ。

風俗嬢がホストにはまってしまう4つの理由

同じ夜のお仕事で共感してもらいやすい

風俗嬢はさまざまな男性と接客するお仕事で、何かとストレスが溜まるものです。そんな時、誰かに愚痴を聞いてもらってストレスを発散したいと思うのは当然の心理ですね。

しかし、問題は「誰に愚痴を聞いてもらうか」。風俗で働いているなんてことは、家族や友人などに気軽に話すことはできません。

そんなストレス解消の受け皿として役立っているのがホストです。

同じ夜のお仕事をしているため引かれることがありませんし、同じ接客業として共感してもらえる部分もあります。風俗嬢のお仕事をここまで理解してくれる相手はそうそうないでしょう。

話を聞いてもらえるということには中毒性があります。これこそが、1度ホストクラブを経験すると止められなくなってしまう原因でもあります。

たくさんお金があって贅沢できる

元々ホストクラブは高料金で、普通の会社員ならなかなか手が出せないものです。

しかし、風俗嬢は稼ぎが非常に良く、ホストクラブの料金ぐらいは難なく払えてしまいます。お金があったら使いたくなるというのは当然の心理ですね。

また、風俗の給与システムはほとんどが日払い制で、お金がなくなっても明日になればまた稼げるという点も、この金遣いの荒さを助長しています。

見かける機会が多い

風俗嬢はお店やラブホテルなどに行く都合上、繁華街を歩く機会がとても多いです。そうすると、嫌でもホストクラブを見かけることになるでしょう。

心理学で単純接触効果という言葉があるように、最初はホストクラブについて何も思うことがなくても、何度も見ている内に「ちょっと入ってみようかな」なんて思うことがあります。

単純接触効果(ザイアンスの法則):最初は興味がないものも、何度も見ている内に良い感情が起こる現象のこと。例えば、何度も同じ音楽を聴いていると好きになってしまうなど。

同僚がホストクラブに通っている

鶏が先か、卵が先かという話になりますが、風俗嬢がみんなホストクラブに行ってると、自分も行ってみようという流れになりやすいです。

たまたま仲良くなった同僚から誘われて行ってみたらハマってしまったなんてこともあるでしょう。

ホストクラブに行くのは悪いことではないが、浪費には注意を!

ホストクラブに通うことは、世間では何かと白い目で見られることがありますが、けっして否定できるものではありません。

合法的な娯楽の1つで、特に風俗嬢にとっては仕事の悩みを共感できる数少ないストレス解消方法としても機能しています。

そんなメリットがある反面、やはり非常に料金が高いということはしっかり認識しておく必要があるでしょう。
(一般的に、ホストクラブは初回の料金が安く、2回目以降いっきに跳ね上がります)

デリヘル嬢になると金遣いが荒くなると言われています。何か目的があってお金を稼いでいるなら、目標達成のためにも、浪費しすぎていないかどうかをしっかり確認したいですね。

文|ウィニング編集部

最新の記事

女性内勤スタッフ募集中♪

下着販売サイト アンジェリーク

LINEでもご応募受付中!

受付

最新の記事