風俗未経験のためのデリヘル講座

風俗店のチェンジについて。される原因、されたらデリヘル嬢はどうする?

UPDATE:12月13日カテゴリー:デリヘル店のルール

デリヘル店には「チェンジ」というシステムがあります。

利用客となる男性が行うもので、されたデリヘル嬢側にとっては良い気分のするものではありません。

「チェンジって何?本当に存在するの?」
「チェンジされたらどうしよう……」

このような疑問を抱いている方のために、チェンジとは何か? されたらどうするかなどをご解説します。

チェンジとは何?使い方やルールについて

チェンジとは利用客の男性が行うもので、プレイを始める前にデリヘル嬢を変更してもらうというものです。

チェンジする旨をお店に伝えることで、最初に派遣されたデリヘル嬢はオフィスに帰り、新しいデリヘル嬢がすぐに派遣されることになります。

なお、プレイを始めてからはできません。

女性としてはひどく失礼に感じられるかもしれませんが、ほとんどのデリヘル店でしっかりとルールを決めて採用されているシステムです。店舗によって、「チェンジは2回まで」「有料です」などの決まりがあります。

たとえば、ウィニンググループの「美女物語」では、2,000円+交通費を支払うことでチェンジできます。

デリヘル嬢がチェンジされてしまう原因は?

チェンジされるということは、男性から「あなたに相手してもらうのは嫌です」と言われるわけですから、デリヘル嬢にとって良いことではありません。

どうしてチェンジされてしまうのか、理由を見てみましょう。

見た目が好みでなかった

チェンジはプレイをする前に行うため、テクニックではなく見た目が好みでなかったということになります。

顔付きや体型など、具体的なところは男性客とデリヘル嬢によるでしょう。

パネルマジックに騙された

デリヘル店のホームページに掲載された写真は加工で美化されているため、実際に会ってみるとギャップがあることがあります。

これは俗にパネルマジックと呼ばれており、男性客にとって好ましいものではありません。

このパネルマジックに引っかかってしまった男性が、少し感情的になってチェンジするというわけですね。

チェンジされてもデリヘル嬢は気にしない!その理由とは

面と向かって「チェンジで」と言われたら、誰でもムッとするはず。中には「自分には向いていないのかな」とズルズル引きずってしまう方もいるでしょう。

しかし、チェンジされた時の1番の対応はあまり気にしないこと。自分磨きをサボった、相手に対して失礼な態度を取ったなどよほどのことがなければ、切り替えて次の男性客に尽くすことを考えましょう。

どうして気にしないで良いのか、理由を見てみましょう。

ただ男性との相性が悪かっただけ

チェンジされたからと言って、けっして女性の価値が否定されたわけではありません。単にその男性との相性が合わなかっただけです。

男女の営みにはどうしても相性が存在します。

特定のフェチシズムでしか喜べない男性も少なくなく、「どんなに可愛くても胸が大きくなければ嫌だ!」と言うような方もいます。急に胸を膨らませる方法を考えるより、他の男性に尽くしたほうが建設的ですね。

パネルマジックはどうしようもない

パネルマジックに騙されて、感情的になってチェンジする男性もいます。中には派遣された女性に対して「写真と全然違うじゃないか!」と怒りの声をぶつける方も。

しかし、写真の加工は店舗側が行ったことですので、当たり障りなく謝罪した後は責任に感じる必要はありません。

あまり良いことではありませんが、この辺りは「チェンジが増えてでも予約を取らせよう」という店舗側の方針が絡むこともあります。

また、写真の加工はデリヘル嬢全員に行われているため、チェンジしたからと言って写真どおりの女性が登場するというわけでもありません。誰が派遣されていても、その男性はチェンジをしていたはずです。

チェンジを多用する客層に対するホンネ

チェンジはれっきとしたデリヘル店のシステムですが、本当に使う方はあまりいません。

相手の姿をハッキリと見た上で、面と向かって「貴女は嫌です」と言うようなもの。身体で稼ぐ以上、身体を理由に否定されるのは仕方ないことではありますが、男性にとっても度胸が必要な行為です。

デリヘルでチェンジを多用するのは、次のような方が多く見られます。

  • 相手を否定するような行為に罪悪感を覚えない
  • 理想が高く、どんな女性に対しても難癖をつける
  • 経済的に苦しいから、デリヘルで妥協したくない

このような男性が相手だと思うと、何か言われてもあまり気にならないのではないでしょうか?

【まとめ】デリヘル嬢のチェンジとの上手な付き合い方

チェンジは男性客が持つ当然の権利で、なければ押し売りに近いものになってしまいます。

しかし、実際にチェンジされても気にする必要はありません。

デリヘルの求人に応募して採用されたということは、風俗業界で長年働いているスタッフに「十分稼いでいける女性だ」と判断されたということです。

自分に自信を持って接客することこそ、たくさんの男性に気に入られて高収入を稼ぐための秘訣です。

文|ウィニング編集部

最新の記事

女性内勤スタッフ募集中♪

下着販売サイト アンジェリーク

LINEでもご応募受付中!

受付

最新の記事