風俗未経験のためのデリヘル講座

デリヘルで付ける源氏名について。どんな名前になる?どうやって付ける?

UPDATE:3月14日カテゴリー:デリヘル店のルール

デリヘルに入店した女性は、まず自分の源氏名を付ける必要があります。これは本名とは別の、お仕事用の名前のことです。

「デリヘル嬢の源氏名ってどうやって付けられているの?」

このような疑問を抱いている方のために、デリヘルにおける源氏名の付け方についてご紹介します。

デリヘル店における源氏名の付け方のルールやポイントまとめ

ある調査によると、デリヘル嬢が付ける源氏名はある程度共通しており、特に次のような名前が多いそうです。

  • あい
  • はるか
  • なな
  • あおい
  • みさき

など。このような源氏名がどのようなルール・ポイントに基づいて付けられているのか以下で見てみましょう。

なお実際には、源氏名は自分自身で考えなければならない場合もあれば、デリヘル店のスタッフがその人に合う名前を考えてくれる場合もあります。

お店のコンセプトに合ったもの

基本的に、源氏名はそれぞれのデリヘル店である程度ルールがあります。これは、お店のコンセプトに合わせるためです。

例えば、ウィニンググループの美女物語では基本的にひらがなで下の名前を付けるようになっています。

他のデリヘル嬢とかぶらないもの

例えば、「あい」というデリヘル嬢が同じ店に3人も居たら、誰が呼ばれたのか分からなくなってしまいますね。男性が本来想定していた女性とは別のデリヘル嬢が派遣されたらトラブルの元です。

そのため、原則として源氏名は同店舗・グループでかぶらないように付けます。

本名からもじっていないもの

例えば、本名が「はるか」で源氏名が「はる」など、関連性がある名前はできるだけ止めましょう。

万が一知り合いがデリヘルのホームページを見てしまった時、モザイクでかろうじて顔が分からなかった場合でも名前の関連性が後押しになって身バレしてしまうことがあります。

もちろん、身バレを気にする方が本名そのものを使うのはもってのほかです。

デリヘル嬢の雰囲気に合ったもの

デリヘル嬢のキャラクターと名前を合わせることは重要です。

例えば、熟女系のデリヘル嬢なのに「いちご」なんてかわいらしい名前だと違和感を抱くでしょう。

男性も同じように名前から「こんな女性なのかな」というイメージを抱くため、あまりにかけ離れていると「何だか違う」と不満を抱かせてしまうことになります。

読みやすく覚えやすいもの

デリヘル嬢にとって名前を覚えてもらうということは、リピートにつなげるためにとても重要なことです。

それなのに、難しい漢字を使っていて読めなかったり、長い横文字を使って覚えにくかったりなどは損をしてしまいます。

ウィニンググループもそうですが、ひらがなで下の名前を付けるデリヘル店が非常に多いのは、それが理由にもなっています。

名前に嫌な思い入れがないもの

お仕事だと言っても、個人の感情も重要です。

例えば、源氏名が仲の悪い女性の名前だったとしたら、それで絶えず呼ばれるのは精神的に苦痛だという方もいるでしょう。

「こんな名前でどうだろう?」とスタッフに提案された源氏名でも、もしも嫌な思い入れがあったら遠慮なく別の名前を考えてもらってください。

【まとめ】デリヘル嬢の源氏名の付け方について

ここまで、デリヘルにおける源氏名の付け方についてご紹介してきました。

お店を転々とする女性の中には、前のお店の人気嬢の名前を使って験を担ぐ方もいるみたいですね。それだけ源氏名は大切だということです。

とは言っても、ウィニンググループでは名前を入店の時に決めることになります。

求人応募時から考えておく必要はないため、まずはお気軽にご応募・ご相談ください。

文|ウィニング編集部

最新の記事

女性内勤スタッフ募集中♪

下着販売サイト アンジェリーク

LINEでもご応募受付中!

受付

最新の記事